化粧品選びに迷った時は肌に合うものを|50代に最適な化粧品

ファンデーション

保湿効果と選び方

化粧水

肌の乾燥に欠かせない成分

肌の乾燥は、全ての肌トラブルの原因となります。肌をくすませてしまうだけではなく、肌の新陳代謝を悪化させるのが肌の乾燥です。そのため、シミやシワ、たるみの原因となり、肌を老化させてしまいます。肌の乾燥を防ぐためには、セラミドやアボガド油、ゴマ油、ホホバ油などが配合されたクリームで保湿をすることが重要です。そして、ビタミンc誘導体を肌にたっぷり塗ることも、肌の乾燥に非常に効果があります。酸化しやすく肌に浸透しにくい性質を持つビタミンcは、高い保湿効果があるものの化粧品などに配合しにくいデメリットがありました。そのビタミンcの欠点を解消したのが、ビタミンc誘導体です。非常に肌に浸透しやすく、ビタミンcの効果を最大限発揮させてくれます。

複数の種類があるため注意

ビタミンc誘導体が配合された化粧品を購入する際には、成分表示を必ず確認することが重要です。なぜなら一言でビタミンc誘導体と言っても、複数の種類があるためです。ビタミンc誘導体の種類の1つに、アスコルビン酸グルコシドがあります。このアスコルビン酸グルコシドは、ネズミの皮膚ではビタミンcに変化しますが、人の肌ではビタミンcに変化しません。化粧品の中にはアスコルビン酸グルコシドが使用されたものもあるため、注意が必要です。人の肌にも有効なビタミンc誘導体は、イソパルミチン酸アスコルビンやアスコルビン酸リン酸エステル、パルミチン酸アスコルビン酸3Na、フラーレンなどです。アスコルビン酸リン酸エステルは、アスコルビン酸Mgやアスコルビン酸Naとも表記されます。これらの成分表示の化粧品を選ぶことで、ビタミンc誘導体の効果を実感することができます。